吉村歯科医院
トップページ 診療内容 スタッフ紹介 症例 専門用語の解説 地図 ブログ

専門用語の解説
▼ア行 ▼カ行 ▼サ行 ▼タ行 ▼ナ行 ▼ハ行 ▼マ行 ▼ヤ行 ▼ラ行 ▼ワ行
より理解を深めていただくために

ア行

アタッチメント

部分入れ歯を固定する装置でクラスプ(バネ)以外のものを言う。最近は磁性アタッチメントと言って磁石を使ったものもある。

アマルガム

水銀を含む合金の総称。過去に銀を詰めるとよく言われていた。
最近は環境汚染のため、あまり使用されない。

アネステジー

麻酔のことを言う。

アルギン酸

アルギン酸印象材のこと。アルギン酸の粉末を水で練って硬め型を取る。一般的に保険で使用する安価な印象材。

アーテキュレーター

咬合器のことを言う。歯の噛み合わせを器械で再現する装置。

印象採得

型を取ること。冠やインレー、義歯作製のために必要。

インプラント

人工歯根のことを言い、最近はかなり普及してきた。素材はチタンが多い。

EPT
(イーピーティ)
(Electric Pulp Test)

歯髄電気検査、歯髄の生死と歯髄の病態を診断。

インプランター

インプラントを入れるときに使用する器械。骨に穴をあけるときに使用する低速回転で熱を発生させにくいエンジン。

EMR(イーエムアール)

電気的根管長測定検査。根の長さを測る検査。

イレーサー

歯の表面の汚れを落とすもので家庭用ものを言う。

インレー

むし歯の部分を削り取り、そこに金属やレジンの鋳造体を装着するものをいう。金属インレー、CRインレー、ポーセレンインレーなどがある。

エアーシリンジ

気銃のこと。空気で乾燥させるときに使用する。

エアータービン

空気によって一分間に30から40万回転で歯を削る器具。

エアースケーラー

空気の力によって歯石を取る器械。

エッチング

歯の表面を酸で処理をすること。

エキスト

Extractionの略で抜歯のこと。

FOP(エフオーピー)

歯肉弁剥離掻爬術のことで、歯肉を剥離して歯石や不良歯肉を除去する手術。

エステニア

ハイブリット・レジンのこと。ポーセレン含有のコンポジットレジンである。硬度と強度が強いのが特徴。

MFT(エムエフティ)

筋機能訓練のこと。口腔周囲筋や舌の筋力トレーニングによって矯正治療などを行う。

MTM(エムティエム)

Minor Tooth Movmentの略で小矯正を言う。通 常の矯正と異なり簡単な装置で行う矯正治療を言う。

エムドゲイン

セメント質再生剤。歯周病においてセメント質再生によって骨が再生し、歯周病が治癒させる薬剤。

エラスティック

矯正治療で使用するゴムを言う。

エンジン

マイクロモーターを使用した回転切削器具

FC(エフシー

根管治療薬の名前。(フォルムクレゾール)

エンド

Endodonticの略で根管治療のことをいう。

エンドメーター

キャナルメーターのこと。

OA(オーエー)

表面麻酔、浸潤麻酔の前に針を刺入点の痛みをやわらげる。

O2(オーツー)

O2とは酸素のことですが、歯科界では過酸化水素を意味する。

オルソ(オルソパントモ)

パノラマともいい、一枚のレントゲンフィルムで全顎(全部の歯)撮影できる写真

親知らず

第三大臼歯のこと、智歯とも言われ、もっとも後方にあり、不潔になりやすい。最近は他の歯が抜けた場合、移植する歯として有効利用される。

オンレー

むし歯の除去後、鋳造体金属のこと。インレーより大きく咬頭(歯の山)を被うもの。
▲ページの先頭に戻る

カ行
 

窩洞形成(KP)

虫歯の部分を削って形を整えること。

顎関節症

原因は咬合の異常によるものが多いと言われている。 不定愁訴(めまい・手足のしびれ・頭痛・肩こり・耳鳴り)が主な症状。

ガッターパーチャー

根管治療後に根管内に充填する材料(根充剤)のこと。

カリエス

むし歯のこと。他にう蝕、う歯ともいう。

カリエスディテクター

う蝕検知液ともいい、むし歯に犯されている歯質のみを見分けることができる。

カリエスメーター

むし歯を電気的に調べる装置。

カリソルブ

むし歯を削らずカリソルブという薬品で除去する。まだ日本では認可されていない。スウェーデン製。

寒天印象材

寒天を利用して印象(型を取る)かなり精度が良いが水分の蒸発に伴う変形がある。

カンジダ

真菌類(カビの一種)で口腔内の常在菌。体力が落ちると悪いことをする。抗生物質などで菌交代現象が起こり、増えて悪いことをする。伝染力が強い。

キシロカイン

麻酔剤の名前。歯科では通常2%キシロカイン(カートリッジ)を使用。

キュレットスケーラー

歯周ポケット掻爬やスケーリング・ルートプレーニングに使う器具。

矯正

歯科矯正と言って歯並びを治すこと。

金属床

入れ歯の床の部分に金属を用いた義歯をいう。金属にはニッケル、金、チタンなどが代表的。

金属歯

金属からなる人工歯 。

クラスプ

入れ歯を安定させる装置、俗にバネと言われている物。

クラウン

歯冠を意味するが、通常は歯に被せる冠を言う。

クラウンループ

乳臼歯が欠損した場合、その後続永久歯の萠出余地を確保するもの。

クラック

メタルボンドに入ったヒビを言う。

クランプ

ラバーダムを固定する装置。

クリアランス

人工歯を入れる際の上下の隙間を言う

Kデンチャー

生体シリコン(軟らかい素材)を応用した義歯。Dr.小峰が考案した義歯。

Kトレー

Kデンチャー作製時の骨面印象するトレーを言う。

コアー(支台築造)

歯の崩壊が著しい場合、レジンやセメント、アマルガムで土台をつくること。
また、鋳造により金属で土台を作る場合はコアー。

口腔

口の中を言う。歯科界では「こうくう」と発音する。

口腔癌

口腔周辺にできる癌のこと。「四谷怪談」に出てくるお岩さんは上顎癌だと言われている。 致死率が非常に高い。

口臭

口の臭いを言う。口臭の原因の90%は歯周病が原因と言われている。

口臭測定器

「ハリメーター」が歯科界では使用されている。

高周波治療

電気メスが代表で、最近は根の治療や歯周病治療、漂白、などあらゆる部分で応用されている。体にやさしい新しい治療方法のひとつである。

コスモキュア

(株)コスモデンタルの高周波治療器。

個人トレー

個々の患者の型を取る道具。

咬合採得

上顎の歯と下顎の歯の位置関係を記録すること。

咬合器

噛み合わせを器械で再現する装置。

骨面印象

総義歯などで粘膜面ではなく骨の形態に合わせて印象を採ること。

根管

歯の根の歯髄(神経)の入っている穴。

根管貼薬処置

抜髄や感染根管処置をした場合鎮痛、消炎、消毒等を目的として根管内薬を入れる処置。

根管充填

抜髄や感染根管処置をした後、ガッターパーチャを根管内充填すること。

根充

根管充填の意味。

根管治療

歯の根の治療。

根治

根管治療の意味。

根管形成

根充(根管充填)をしやすくするため根管を大きく開ける。

根管長測定

歯の根の長さを測ること。(通常EMRを使う)

根長

根管長測定の意味。

根管拡大

根管の中の感染牙質(感染している歯質)の除去。

根拡

根管拡大の意味。

コンポジットレジン

通常のレジンより硬くできている。
 
▲ページの先頭に戻る

サ行

再石灰化

むし歯によって溶かされた歯質が再び硬い歯質に戻ること言う。(むし歯の自然治癒を言う)

サイナスリフト

上顎洞までの骨の厚みが足りない場合に骨を増加させる手術。

サホライド

フッ化ジアミン銀(むし歯の進行止め)。

サホライドRC

フッ化ジアミン銀を1/10に希釈したもの。根菅治療に使用。軟化牙質を再石灰化させる。

暫間固定

一定期間歯を固定しておくこと。

暫間義歯

一定期間入れておく入れ歯を言う。(テンポラリーとも言う)

止血シーネ

出血をための傷口をカバーするもの。

止血タンポン

止血の目的で使用するタンポンを言う。

シーラント

歯の溝にレジンを流し込んで虫歯になりにくくすること。

シーラー

根充などで充填材の隙間をうめるものを言う。

歯冠継続歯

差し歯と言われるもの。根だけになってしまった歯に施す。

歯冠

歯は歯の部分と根の部分に分けられるが、歯の部分を歯冠と言う。

歯冠形成(PZ)

歯に歯冠補綴物をかぶせるために歯を削ること。

歯冠携帯修正

歯の形により外傷を起こすことがある場合、形を修正する。

歯周病(歯周疾患)

歯ぐきの病気(歯槽ノーロー・歯肉炎)。

歯周炎

骨を含めた歯の周囲の炎症を言う。

歯周ポケット

歯と歯茎の境にある溝をいう。歯周病に犯されるとこのポケットの深さが深くなる。

歯根

歯の根の部分を言う。

歯根膜

歯根周囲を取り巻き、歯と歯槽骨を結びつける膜。

歯根膜炎

歯根膜の炎症を言う。 歯の痛みはこの歯根膜炎か歯髄炎である。

歯髄

歯の神経と言われているもの。

歯髄炎

歯髄の炎症を言い。歯の痛みの代表的もの。

歯髄息肉

むし歯で神経が露出し、神経が変化して肉様なものになった状態をいう。

歯髄壊死

歯髄が細菌感染して死んだ状態。

歯髄壊疽

歯髄が細菌感染なしで死んだ状態。

歯間ブラシ

歯の間を掃除するブラシ。

歯間空隙

歯と歯の間の空隙を言う。

歯垢

プラークのこと。口内の栄養分で増殖した細菌の塊が歯垢という。

歯石

歯石には歯肉縁上歯石(白い)歯肉縁下歯石(黒)がある。

GBR

インプラントの手術時にGTRの膜を使用し骨を再生させる方法。

GTR

ゴアテックス社の人工膜で歯周病治療時に使用し、骨を再生させる。インプラントの手術時に使用するのをGBRという。

歯肉息肉

虫歯などで歯冠の崩壊が著しい場合に歯肉が増殖した状態をいう。

ジャケット冠

レジンだけで作製した冠

シリコン印象材

シリコンを使用した印象材、型を取る材料。精密で高価なものが多い。

シリンジ

注射器など言うが、歯科ではいろいろなシリンジを使用する。

審美性

審美とは「美とき醜とを区別すること」美的要素重視すること。

浸潤麻酔(局所麻酔)

麻酔液を麻痺させたい場所に注入し、狭い範囲に麻酔をかける。

笑気麻酔

鎮静麻酔のガスを吸入することにより、痛みの苦痛を除去する。お酒に酔った感じになる。

スケーリング

歯石を除去すること。手で取る方法と超音波で取る方法がある。

スケーリングルート
プレーニング
(SRP)

根面の歯石を除去し、根面の研磨を行う処置をいう。歯周病の処置の一つ。

スケーラー

歯石を除去する器具で、ハンドスケーラーと超音波スケーラーがある。

スナップ印象

がい形の印象を取ること。

スパチュラ

石膏やアルギン酸を練るときに使用する。

ストッピング

歯の根の治療時に一時的に封鎖するもの。熱で柔らかくなるのが特徴。

スプリント療法

顎関節症や咬合異常を治すための装置を言う。

3DS

Dental Drag Delivery Systemの略。リテイナー型トレーを用い、フッ素やクロルヘキシジンを作用させる。

3Mix(スリーミックス)

3種類の抗生物質(フラジール、ミノマイシン、シプロキシサン)を混合したものを歯科の治療時に使用する。最近は4Mixもある。

スクリューポスト

小さな木ねじ様のネジで根にねじ込むものを言う。

前装鋳造冠

前歯かぶせる人工歯で表面を硬質レジンで前装したもの。
▲ページの先頭に戻る
タ行

タービン

タービンエンジンのことで、エアーを使い1分間に30〜50万回転で歯を削合する装置をいう。

探針

むし歯や歯周ポケット探針もある。

智歯周囲炎

智歯の周囲歯肉の炎症、智歯は不潔になりやすい為、炎症が起こしやすい。

伝達麻酔

神経の元に麻酔薬を作用させ、末梢を麻痺させる。

テック

テンポラリークラウンのことで暫間的に入れておく仮歯のこと。

デンタルシアノン

歯科用の瞬間接着剤。

デンタルプラーク

歯垢のことを言う。

デンチャー

義歯のこと。総義歯をフルデンチャー、局部床義歯をパーシャルデンチャーという。

ナ行

ナイトガード

ブラキシズムの被害を防止する装置。(通常、歯ぎしり防止装置)

軟化象牙質

虫歯によって軟化した象牙質。軟化牙質とも言う。

ナート

縫合、傷口を縫うこという。

乳歯冠

既製の乳歯用の冠をいう。

乳酸桿菌

ラクトバチラスとも言い、むし歯の原因菌とされている。

ネオクリーナー

次亜塩素酸ナトリウムのことで根管内の洗浄に使用する。

ネオダイン

ユージノールセメントの商品名。ユージノールの鎮静効果 のあるセメント。化着セメントとしても使用される。
▲ページの先頭に戻る

ハ行
 

抜髄

虫歯などで歯髄が炎症を起こしたとき、歯髄神経を全部取ってしまうこと。

バイタルブリーチング

歯髄の生きている歯の漂白をすること。

バイト(咬合採得)

上顎の歯と下顎の歯の位置関係を記録すること。

バキューム

治療中に口の中のだ液や水を吸い取る装置。

パーフォレーション

治療中に誤って歯に穴をあけること。穿孔とも言う。

PMTC

Professional Mechanical Tooth Creaningの略で歯の汚れを顕微鏡レベルまできれいにする。

光重合レジン

光で固まるコンポジットレジンのこと。

漂白

歯牙漂白を言う。

フィステル

瘻孔とも言い、膿が出る穴をいう。慢性化膿性炎症時にできる。

普通処置(単治)

虫歯の治療のために歯を削ったり、薬を塗ったり、仮に詰めたりすること。

プラーク(歯垢)

歯の表面上に形成される微生物叢。これは細菌の固まりと細菌の代謝物のこと。

ブラケット

矯正治療時に使用する装置で歯とワイヤーを固定するもの。

ブラキシズム

通常、歯ぎしりをいう。クレンチング(噛みしめること)とグライディング(歯をこすり合わせること)とに分けられる。

ブリッジ

少数歯欠損において何本かの歯を支台歯(土台)にして連結し、抜けた歯を補う装置。

プローブ

プローブとは歯周ポケットの深さを測る探針のこと。

プロービング

プロービングは歯周ポケットを測ることを言う。

フッ素

むし歯予防に最高の方法である。フッ素にはMFP、フッ化ナトリウム、フッ化第一スズがある。

フラップ手術

歯周病の外科手術の方法で、歯ぐきを切り開き歯石や悪い肉芽を除去する手術をいう。

ペリオ

歯周病のこと。

ホームジェル

商品名でフッ化第一スズの家庭で使用するフッ素をいう。同じ内容のものでジェルティンがある。このフッ素が最もむし歯予防に効果 がある。

ホームブリーチング

家庭で行う歯の漂白方法。

ポンティック(ダミー)

ブリッジで歯の抜けているところに入れる人工の歯のことをいう。

保存療法

削ったり、抜かないで歯を治療する方法。

補綴

歯に被せたり、入れ歯を作ること。

ポスト

根の中に入れて使用する装置。
▲ページの先頭に戻る

マ行
 

マウスピース

スポーツ時や顎関節症の治療時に装着するもの。

ミニスプリント

全顎スプリントに対して1〜2歯に装着する装置。

ミュータンス

むし歯の原因菌とされている。

メタルボンド

内面は金属で外面を陶材でおおったもの。陶材を金属に焼き付けてあるので丈夫である。

モデリングコンパウンド

型を取るときによく使用される。熱で軟らかくなるのが特徴。

ヤ行
 

ユーティリティーワックス

自由自在に粘度のように使用されるワックス。

ユージノール

ユーカリ油。
 

ラ行
 

ラバーダム防湿

薄いゴム膜を使って唾液の進入を防ぐ。

ラバーボール

石膏やアルギン酸を練るゴム製のカップ。

ラミネートベニア

歯の表面にポーセレンのシェルを貼り付ける方法。歯の削合量 が少ないのが特徴。メタルボンドなどに比べると寿命が短い。(最近はホワイトニングが主流)

リーマー

根の治療時に使用する器具で根の歯髄の入っている穴を拡大するもの。

リテイナー

ブリッジの製作過程において支台歯の保護、支台歯及び臨在歯および対合歯の移動防止等のためにブリッジ装着までの間、暫間的に装着される。矯正治療後の保定装置。

レーザー治療

レーザー光線を使用して治療すること。 種類が多数あり、それぞれ目的が異なる。

レベリング

矯正治療時に歯並びを揃えることを言う。

連合印象

通常アルギン酸印象材と寒天印象材の両方で型をとること。

ワ行

ワックス

歯科用ワックス、ロウで出来ている。入れ歯などの作製行程で使用される。
 
▲ア行 ▲カ行 ▲サ行 ▲タ行 ▲ナ行 ▲ハ行 ▲マ行 ▲ヤ行 ▲ラ行 ▲ワ行
ページのトップに戻る